生くりーこ

sweets

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sweet Fountain CAKE SHOP

kako-Gj78lt0q4Su0WVid.jpg

スウィート ファウンテン ケーキ ショップ

叡電元田中駅近く、おひとりでされている小さなお店。
店主の上原氏は元々、知恩院の手作り市に参加されていて店舗は2002年にオープンされました。
"高級で綺麗なケーキというより毎日食べれるようなおやつとしてのケーキの店をしたい"
とおっしゃられていて価格帯が200円前後と驚くほどお安いです。
タルトやキッシュ、パイ、クッキー等アメリカンなケーキのラインナップ。惣菜モノも。
イートイン可能ですが1席のみです。



sweetf.jpgsweetf2.jpg
sweetf1.jpg

レモンタルト 250円

生クリームは甘く乳味、軽いテクスチャー。
レモン部はチーズカスタード。酸味より甘さがあります。やわらかいお味。
粘度もありポロポロ感も。
タルトはさっくりしていますがやわらかめ。やさしく甘い味わいで粉の甘さが伝わります。
全体にやさしく甘いです。

こちらのレモンタルト、トップにピスタチオが乗っている写真ををブログ等でお見かけしていましたが
今回は何も乗っていませんでした。たまたまなかったのかな?
しかし250円、お安いですのでそんな時もあるのかなという感じです。



sweetf3.jpgsweetf4.jpg

キャラメルチーズタルト 200円

チーズはかためベイクド。甘さひかえめで濃すぎずクセないチーズ味。
タルトはやわらかで甘い。
キャラメルは苦みなくほんのり程度。
キャラメルケーキというよりはチーズです。
200円という驚き価格、反っているのもご愛嬌ですね。






おすすめをお伺いしたところ"特にないですがタルトですかね…"とのことで
今回タルトをいただきましたが、タルト生地はお味やさしく甘旨いです。

キャラメルチーズタルトはケーキな感じではなかったですが
レモンタルトは普通に美味しいケーキでこの価格は本当に驚きです。

クリームチーズパフというのも雑誌におすすめとして記載されていたので
通る機会があれば食べてみたいと思います。

京都コストパフォーマンスナンバーワンのおやつ屋さんです。






Sweet Fountain CAKE SHOP >>食べログ
京都府京都市左京区田中大久保町22 >>map
11:00~20:00 定休日:月曜日




テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/10/02(土) 22:41:00|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

petit japonais

kako-NH0EC5kCbFVuVinP.jpg

プチ ジャポネ

京都の洋菓子店やホテル勤務の後、フランス"エコール ルノートル"に留学されパリでの研修を経た
パティシエールMichie氏が2003年にオープン。
2009年に堺町二条から東洞院仏光寺に移転、カフェも併設されました。
予約少人数制のケーキ教室も開催されています。

緑や木、ナチュラルな印象を受ける店舗と同じく自然素材の色彩の商品がならびます。



peti1.jpgpeti9.jpg
peti8.jpg

エメ ブロン 500円

ショコラ・ピスタチオ・ベリー、生地にはケシの実。

ショコラはゼリーコーティング、ガナッシュ、スポンジ。甘さとビターさが同バランス、濃厚。
ピスタチオはクリームとスポンジ。ベリーはソース。
スポンジは一番下部以外はしっとり。
ショコラが濃く、その他部分はお味や風味はわずか。ケシの実も食感等、主張はありません。

ショコラメインにアルコールがあとから来ます。



peti3.jpgpeti11.jpg
peti10.jpg

カヌレ 250円

大きめ。カリカリ部分が薄めでほどよいかたさで食べ易いです。
中はクリーミー度が高く、(甘いですが)カヌレにしては甘さひかえめ。



peti2.jpg

マカロン 各210円

マカロン=カラフルなイメージですがプチジャポネさんは色を入れず焼き色タイプ。
大きめで中は空洞があります。
表面はややしっとりでクリーミー。内側もしっとりでやわらか。
クリーム部は少なめですがクリーミー、しっとり軽いです。


peti12.jpgpeti13.jpg

ローズ

ホワイトチョコとバラジャムでローズ感は甘さとしてほんのり出ます。



peti5.jpgpeti15.jpg
peti14.jpg

きな粉ガレット 210円

ガレットブルトンヌのきなこアレンジ版。

やわらかめでしっとりソフト。
バターが香ばしく、きな粉が更にお口の中で香ります。
塩バターときな粉が同バランスで香るお味。しっかりまろやかにきな粉が出ています。



peti4.jpgpeti7.jpg
peti6.jpg

カントゥッチ 370円

イタリアの焼菓子、ビスコッティ。メイプルシュガーとココナッツで風味付け。

アーモンド入り。ココナッツとシナモンが香ります。
メイプルはお味としてはわずかでやさしい甘みとして出ています。
ビスコッティ自体飲み物に浸して食べるのが一般的なので、とても素朴な味わい。





伝統的なモノからアレンジ版までバリエーション豊か、クリーミーな焼菓子たちが印象的。
タルトも食べたい、と思わさせられました。

今回購入の中でも"きな粉ガレット"、きな粉とガレットの相性の良さに驚きと感動、お気に入りです。
ひとつだけを指名買いに行きたくなってしまいそう。

商品は名前だけの記載ですが口頭にて丁寧に説明をしていただけます。
自然のやさしさあふれるパティスリーです。






petit japonais >>HP 食べログ
京都府京都市下京区東洞院仏光寺下ル高橋町605-2 >>map
11:30~20:00 定休日:木曜日 第1・3水曜日





テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/10/01(金) 08:38:18|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Exquise

kako-k71cdkK4BFMpzCOO.jpg

エクスキーズ

店主のパティシエール、浅見倫子氏は
"ミディアプレミディ"の津田陽子氏の教室に通われ菓子作りのおもしろさに目覚め
フランス菓子の名門学校パリの"ルコルドンブルー"でディプロムを取得。
その後パリ老舗の"ラデュレ"で経験を積み、実家である料亭"河久"のお隣に2006年8月にエクスキーズをオープン。

シックでゴージャスな装いは宝石かアンティーク雑貨のお店のようでもあります。
(※店内撮影は禁止されています)



ex1.jpgex2.jpg

モンブラン 540円

焼メレンゲ土台のモンブラン。

トップのマロングラッセはべっとり濃厚、しっかりと煮つめられた味わい。
マロンクリームも栗が強く濃厚に出ています。
生クリームは甘さなく乳本来のお味。
焼メレンゲはカラメルの苦みあり、お味もしっかり出ています。
甘くサクっとしゃりっと食感がやわらかな全体のポイント。

濃いモンブランを甘さのない生クリームがやわらかに包みます。



ex3.jpgex4.jpg

木苺とライチのマカロン 540円

カスタードとライチのジュレが中に入った木苺のマカロン。

マカロン部は内側しっとり、ねっちり感はあまり無いです。日本酒?のお味を感じました。
木苺はプチプチ食感と酸味が出ています。
カスタードはとろっとやわらか、お味しっかり。
ライチジュレは甘~くとろっと。

木苺の酸っぱさにライチの甘さがとろっと広がる素敵な組み合わせのマカロンです。



ex5.jpgex6.jpg

メレンゲ バニラ 390円

かなり大きいサイズの焼きメレンゲ。

表面シュワっと、中はサク、土台はザクザク、かたさが3層に楽しめます。
ところどころカリっとシャリっとしたカラメル部分があり苦みも出ています。
バニラというよりカラメル味。

モンブランの土台のメレンゲと同じものです。

かなり大サイズなので後引く甘さが強く残ります。飲み物とともにいただきたいですね。
ココア味もありました。





ガトーはかなり小さめです。お店の装い通り商品もお高め。
クリーム系はとろっとしたものが多く
テイクアウト専門店ですが夏のテイクアウトは厳しいですね。
モンブランもかなり横伸びになってしまいました。
クリーム緩めの繊細ものが多いですが、箱の中で仕切りをつけていただけないシステムなので
持ち帰りには要注意です。気をつけないとガトーどうしがくっついていまいます。

ビッグサイズメレンゲは他でなかなかお見かけしないお品でおもしろかったです。
津田陽子氏の教室から出発されているので焼菓子はもう少し食べてみたいですね。

接客についていろいろ話題が上がる理由は行ってみればなるほどです。
おひとりでされているようなのでコンセプトがそうなら何も言えませんが。
せっかくこの雰囲気とお品なのでサービス面さえ同じ水準ならラグジュアリースイーツショップと言えるのに。

個人的に気になるお品もありますが躊躇のほうが勝るので再訪は先になりそうです。







Exquise >>食べログ
京都府京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町518 >>map
12:00~売切れ次第閉店




テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/24(金) 07:45:55|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KANAE

kako-eBwrK2cl6FScuUnL.jpg

カナエ

フランス、マカロンに魅了され本場で修行された小林かなえ氏のパティスリー。
洋菓子教室"ラプティシェリー"を主宰されていて教室10周年を機に2005年にオープン。
リプトン等経営されている株式会社フクナガ事業のお店。
最初はマカロンだけのお店にしようと思った、とおっしゃるほどマカロンに熱い思いを持たれておられます。
約20種ほどのマカロンをメインに焼菓子、ガトーも少々。
イートインスペースも6席と小さいながらあります。



kana13.jpgkana3.jpg
kana2.jpg

タルト マカロン 630円

苺タルトに3種のマカロン乗り。

トップの苺とフランボワーズが甘酸っぱい。
苺クリームは甘いが軽くみずみずしい。つぶつぶ食感がアクセント。お味はかなり強め。
カスタードは粘度高くもったりテクスチャーですがお味甘さはかなり控えめで軽い。たまご味。
タルトは焼き味、軽い甘さとバター感。中はしとりほっくりマドレーヌのよう。
マカロンはラヴェンダー、ローズ、マンゴーでしたが種類は毎回変わるそう。

苺クリームがかなり強く、タルトがそれをやさしくしてくれています。
マカロンのお味は苺クリームの強さに隠れてしまうので食感として出る程度。別々に食べても良いかも。
マカロンが単品販売モノと同じ大きさなので食べたい種類が乗っていたら価格的にはお得なガトー。



kana12.jpgkana5.jpg
kana4.jpg

きな粉のモンブラン 630円

きな粉と黒豆入りのタルトモンブラン。

マロンクリームは細くしぼられ、やや乾燥気味でそれがまた焼きそばみたいな食感です。
栗のお味は強すぎないのできなこがしっかり出てきます。
マロングラッセはかためで水飴のような甘さ。黒豆はお味しっかりで軽め。
生クリームはテクスチャー軽めでしっかり乳味。
タルトはざくざくかため、バター感甘さは軽めで焼き味しっかり。
スポンジ部はしっとりお酒の味が効いていてつぶつぶ食感がアクセント。

生クリームやラムは全体ではお味が消えてしまうのがもったいない。
全体に栗ですが、部分部分の黒豆やきな粉はしっかり効いてきます。
3つの相性とバランスは合います。



kana14.jpgkana7.jpg
kana6.jpg

カヌレ 210円

フランスボルドーの修道院発祥の地方菓子。

表面カリカリ度はかなり高め。バターやたまごの香りお味がしっかり広がります。
中は空気感あるしっとりもっちり。ねっちり度はカヌレとしてはやや低めで軽め。
お味は伝統なカヌレのお味。



kana1.jpg

kana17.jpg

マカロン

カナエさんのメイン商品。ラインナップは常時20種程と多彩。季節限定モノも月ごとに登場。
お値段はモノにより異なります。

マカロンは甘すぎず、内側しっとり粘度は低め。コンフィやクリーム類は適量。
クセなく食べ易いです。


kana10.jpgkana11.jpg

ピスターシュ 200円

ピスタチオペーストを練り込んだバタークリームは粗さが残してありざらっとした食感。
全体にピスタチオ感はほんのりわずか。


kana8.jpgkana9.jpg

黒ごま 160円

すりごまたっぷりチョコガナッシュがお味香りとも強くごまがしっかり出ています。





ショッキングピンクを基調とされた店内はまさに女の子な世界のカナエさん。
女の子、姫的な世界を味わいたい人向けですね。
パッケージも女の子。お味はクセないものが多いので女の子な娘への贈り物向き。
そういえばスタッフも女性の方しかお見かけしたことがないかも?

ほんとクセがなく食べ易い、しかも種類が豊富なマカロンは
食したことがない方にも入門マカロンとしてお勧め出来るお品です。

カヌレもガトーもマカロンと同じようなイメージを受けました。

ただしガトーは立地的にしょうがないのかもしれませんが基本お高め。
個人的には、マカロンやカヌレみたいに特化されているお品ではないので
この価格とお味でしたら他で、となってしまいますね。リピートはないかな…

やはりカナエさんはマカロンですね。マカロンを初めて食べる人に贈りたいマカロンのお店です。




PATISSERIE KANAE >>HP 食べログ
京都府京都市中京区河原町蛸薬師東入ル >>map
11:00~21:00


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/16(木) 10:08:33|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tous Les Deux

kako-TSfECll8QGvDSOhE.jpg

トゥ レ ドゥー

三条新町のピンクを基調としたカフェ併設フランス菓子のお店。
筒井智也シェフが京都滋賀のホテル、フランス等3カ国での修行を重ね2001年オープンされました。
バイキングやケーキ教室も定期的に開催されています。



tous1.jpgtous7.jpg
tous6.jpg

ミエル 400円

ビターチョコムースメインにレモンクリームの酸味とはちみつメレンゲ風味が絡まる。

チョコ部は3層から成りさっくり軽やか。とてもビターで甘さも。
レモンクリームはかたく濃厚、辛ささえ感じる酸味の強さ。
メレンゲは焼きの部分がしっかりはちみつ味。



tous2.jpgtous9.jpg
tous8.jpg

ゲランドの塩が入った タルト ショコラ 400円

塩ショコラタルトに木いちごゼリーがアクセント。

ガナッシュクリームはかたくビターで濃厚、塩が強く効いていて苦みとしてキャラメルっぽさも。
タルト台はサクサクですが口溶けよく、ほろっと崩れます。
板チョコはかなりスウィート、甘々。
木いちごゼリーは甘さお味しっかりでかたい。
生クリームはふんわり甘さ控えめで乳味、ビターな全体に軽さを出しています。



tous3.jpgtous16.jpg
tous15.jpg

モンテリマール 130円

フランスモンテリマールの地方菓子。ホワイトヌガー。

白のメレンゲ部はかたくねっとり伸び、ざらっと感も。
アーモンド、ナッツ、ドライフルーツが小さい中にたっぷり詰まっています。
濃厚アーモンド味で鼻血が出そうなほどの濃さ。
モナカがソフトで個性的なお味に食べ易さを出している部分。



tous4.jpgtous13.jpg
tous14.jpg

メンチコフ 270円

フランスブザンソンの銘菓。メレンゲ菓子。紅白の2個入り。
すり潰したアーモンドをミルクチョコで固めホットメレンゲで包んだもの。

雑誌で「他では作れないだろうという自負の為に作っている」とお見かけして食したかった一品。

アーモンドミルクチョコ部はしっとりクッキー、ブラウニーのような食感。スウィートチョコ味です。
メレンゲはサクサク薄くじゅわっと広がる甘さ。
アーモンドチョコで充分濃いですが、更に違ったサクサクした甘さをメレンゲが重ねます。
紅白でのお味の違いはわかりませんでした。



tous5.jpg

マカロン 各280円

内側はかなりかためで歯につくねっちり粘度の高さ。小さめ、同種3個入り。


tous10.jpg tous11.jpg

カラメル マカロン

バニラ感強く、塩分が苦みある塩カラメルクリーム。





それぞれのパーツが濃厚で甘くしっかり主張があり、且つ全ての素材が隠れず生かし合い感じられます。
記憶に残るインパクトのある凝縮されたお菓子たち。

生ケーキも種類豊富、焼菓子も珍しいものから定番ものまで多彩に揃うので見ているだけで楽しくなります。

お値段もしっかりしたひとつの割にワンコイン以内。

商品を迷いすぎて買うのに選ぶのに時間がかかり焦ってしまいがちの私ですが
付かず離れずの対応、空気感はゆったりと選べて嬉しかったです。
購入品包装中には2口サイズくらいのソルベも出していただいてサービスも素敵。

2日連続行ってしまいました。お気に入りのお店になりそうです。

シンプルな生菓子、ロールやプリンもあったのでそちらも
トゥレドゥーさんが出すお味はどんな感じなのか気になる。また食してみたいです。



Tous Les Deux >>HP 食べログ
京都府京都市中京区三条通新町角町頭町112 >>map
11:00~21:00


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/08(水) 07:04:44|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

栗子

Author:栗子
まいにちsweets

最近の記事

カテゴリ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。